車の掃除と洗車の仕方

清潔な車を保つためにはまず車内の掃除が大切です。見えるゴミや小石などを取り除くようにし、その上で掃除機を使うなりして細かい汚れにもアプローチしていきましょう。車の窓ガラスも汚れるため、窓拭き用の洗剤で磨いたり、ダッシュボードの細かいホコリなども雑巾がけを行います。

 
ここまでの作業をすることで大方の汚れを取り除くことができますが、さらにキレイにするためにシートの洗浄を行うのもおすすめです。シートには汗や飲食による汚れなどがしみ込んでいますので、車内に独特の臭いを発生させてしまいます。掃除機で吸ったくらいでは雑菌が消えないため、専用のクリーニング剤を使って対策すると良いでしょう。あるいは専門業者に依頼をして徹底してクリーニングをしてもらう方法もあります。

 
他にもエアコンフィルターの交換も空間をキレイにするためにおすすめです。フィルターは定期的に交換をしないとカビが生えてしまうため、悪臭が出てしまうこともあるのです。自分で交換を行うこともできる作業レベルですので、適合するフィルターさえ用意すれば簡単に対処できます。

 
続いて洗車についてですが、洗車をする際には古いワックスや油膜を取り除くべく、シャンプーを使用するのが効果的です。水洗いだけでは油汚れは落ちませんが、シャンプーで洗うことでリセットすることができます。スッピン状態にしてからワックスなりコーティングなりを施すことで愛車のキレイな状態を保ちやすくなります。

 
洗車をする際の注意点もありますが、風の強い日や日差しが照り付けるタイミングを避けることです。風によって砂ホコリなどが舞っている環境ですと、細かいホコリなどがボディに付着しますので、その状態で洗うことで細かい傷を付けてしまう恐れがあります。日差しに関しても、強く照り付けるほどの環境ですと、水分がレンズの役割をしてウォータースポットを発生させることもあるのです。塗装を傷める原因になるためタイミングを考えて作業することが大切です。

簡単に掃除をする方法を取り入れよう

お家を綺麗にしておくことは生活の質を高めていくことにつながる大切なことです。出来れば毎日おうちを綺麗に掃除してスッキリした環境の中で暮らせるようにしたいと考えている方がほとんどでしょう。しかし、実際にはなかなかそれができないということになりがちです。

 

道具を出すのが面倒臭かったり、作業自体が嫌いだったり、時間がとりにくく夜に音を立てるのはさけたいと思っていたりという事で取り掛かれなくなっているという方もいるはずです。そういった方は方法を変えてみることで簡単に、頻繁に掃除をすることが出来るようになります。そうすることで汚れも溜まりにくく、大きな掃除も必要なくなるというメリットがあります。その後の掃除もしやすくなるので、綺麗な状態を保ちやすくなるのです。

 
そのためにお勧めなのが、掃除に使う道具をおしゃれなものにして、出しておいても違和感がないようにするという事です。ちょっとしたところを掃除するハンディモップなどを置いておくと、気になった時にすぐ埃をとることが出来ます。棚のある部分やデスク回りなどには特におすすめの方法です。埃が溜まってしまうと目立ちますし片付けるのも大変です。作業をする前や気が付いた時にさっとモップを使えば綺麗になりますから、時間も気も使わずに綺麗にできるのです。オシャレな色や見た目の物なら、壁にフックで下げておくとインテリアの一部になってくれますのでおすすめです。

 
同じように床を拭くためのモップなどもお洒落なデザインのものを選んで常に手にとりやすいところに置いておけるようにすると、気になった所をすぐにふき取ることが出来ます。使い捨てのペーパーを取り換えるタイプの物ならその都度変えておけばいつでもすぐに使えて便利です。

 
いざ掃除をしようとするときが重くなってしまったりやりにくく感じるという方は、常に手に取りやすいところに掃除用具を置いておくという方法を取り入れてみてください。

めざせ!雑貨屋マスターへの道

雑貨屋さんって、女性はかなり好きですよね。買うものが特になくてもなんとなく入ってみたりしませんか?
最近では、男性も雑貨に凝っている人も多く、男性でも気軽に入れるような店構えになっている所が多いです。

インテリアの雑誌をみても、アジア風なインテリアをよく見かけるようになってからアジア雑貨屋さんも急増しています。
雑貨といっても日用品から嗜好品まで、かなり幅広いのでお店で取り扱っていて商品もかなりの品数があります。

日用品は、生活するために必要なものを指し、普通生活雑貨と呼ばれます。
トイレットペーパーや歯ブラシ、シャンプー・リンスやボディソープなどの消耗品ですが、日用生活雑貨で検索してみると、スリッパやキッチンマット、ハンガーやタオルなどは日用生活雑貨として分類されています。
生活に欠かせない消耗品は、普通生活雑貨と呼ばれ、生活するうえであると便利だなと思うものを、日用生活雑貨というようです。
日用生活雑貨は、家の雰囲気によって選ばれる事が多いものがありますのでインテリアに合わせた雑貨選びを楽しみましょう。

雑貨屋の開業

雑貨屋がとても好きで、雑貨屋になりたいと思っても、雑貨の種類は非常に多いです。

・アクセサリー、バック、小物などを中心としたファッション・小物雑貨

・台所の用品や食器などを中心としたキッチン雑貨

・タイ、ベトナムやフランスなどの輸入商品を中心としたアジア雑貨・フレンチ雑貨

・日常生活で使われるものを中心とした生活雑貨

など、他にも色々ありますが、 雑貨屋の開業を目指すためには、はじめに「どんな雑貨屋にしたいか?」というコンセプトを決めなければなりません。自分の気に入った雑貨を選んで置く事の出来る雑貨屋さんは、資格も特に必要がないので気軽に開業できるので人気がありますが、コンセプトが無いとなんでも屋さんのようになってしまいますので、ご注意ください。
また、ターゲット層を絞るのも大切だと思います。低価格で提供できるアクセサリーや小物中心に10代~20代の若者をターゲットにするとか、食器やアジア雑貨・フレンチ雑貨という少し高めの商品に興味のある主婦層をターゲットにするなど、ターゲットを絞り込むことで、取り扱う商品も自然と絞れてきます。

プチ開業

育児、家事の合間に出来るのがネット販売です。

大手サイトでは個人で出品できるところは多数あります。

本格的に開業はちょっと無理かも・・・って思っている方には最初は空いた時間でやりくりしながらの方が良いのではないでしょうか?

既製品の小物や雑貨も良いと思いますが、味わいのある手作り品も結構な人気があります。

時には既製品の物よりも、手作り品の方がお値段がお高くなることもあります。

一つ一つ丁寧に作られる物は、買い手側には大変喜ばれますし、世界に一つだけの代物で、買い手側の使いやすさなどを追求して作るからです。

また、既製品だと同じ小物や雑貨を持っていたり、身につけてる人とすれ違う時、なんとなく気まずくないですか?

既製品の場合たくさん生産され縫製地が中国などである場合が多く、生地のクオリティーが若干下がったりマイナートラブルも多々あるようです。

もちろん、既製品のすべてがこのような品質が悪いものばかりだとは限りません。

京都の雑貨屋

京都で人気のある雑貨屋さんをご紹介します。

・一澤帆布
とても有名な帆船など帆を材料としてカバンを作っているお店です。職人が手作りをしていて、生地も帆なのでとても丈夫で耐水性があり、長く愛用できるカバンです。

・石黒香舗
色とりどりのちりめんや西陣織を使った、愛らしい「にほひ袋」の専門店。ペンギン、ネコ、クマの匂い袋は、白檀、丁字など10種類の原料を調合して作った香を詰めたもの。お香を詰める生地の種類がとても豊富で、匂い袋の口を閉める紐も種類が豊富です。

・永楽屋細辻伊兵衛商店 寺町店
明治の初期から昭和初期にかけて作られた、手ぬぐいを復刻。町家手拭(1260円~)ほか、手ぬぐいを使ったポーチ、バッグなどの商品も多数そろう。手ぬぐいの専門店ということで、祇園をはじめ便利な場所に店舗があるので、お土産探しについついのぞいてしまうショップです。実際に昭和初期に考案されたという図柄の、時代を超えた大胆さやユーモアに感動さえ覚えます。

オンラインショップ

いまや、インターネットで買えないものは無いといってもいいでしょう。有名な雑貨サイトから手作りの雑貨屋さんまでインターネットで買えるサイトをご紹介します。

・tocco tocco
親子で手作りをしている、雑貨屋さんです。すごく可愛くて素敵なバッグやアクセサリーを扱っています。

・フランス雑貨 Cherir
フランスの雑貨やアンティークが中心で、手作りの小物なども扱っているショップです。

・アンティーク雑貨ドアノブ
ドイツ、フランス、イギリスのアンティーク雑貨を扱っているショップです。一点ものが多く、食器や家具や小物があり、どれもこれも欲しくなってしまうものばかりです。

・ナチュラル雑貨 LisLis
とにかく品揃えが豊富なショップです。ガーデニング用品、小物、インテリア、食器などがあり、気に入ったものがあればここで全部揃ってしまいそうな感じです。また、プレゼント用のラッピングもすごく可愛いのでギフト用に訪れるのもオススメです。

・petite vie
フレンチ雑貨が中心で、品揃えも豊富です。シンプルでナチュラルな雑貨が多いので気に入ったものが必ず見つかります。

・アジア雑貨
たくさんある雑貨やインテリアの中でもアジア系の家具ほど人気のあるものはありません。なぜこんなにアジアの家具や雑貨は人気があるのでしょうか?理由は、アジアのインテリアは日本人のスタイルに馴染むのです。文化や食生活、インテリアなど、日本でもかなり欧米化が進んできました。ほとんどの家では、フローリングが中心になり和室がある家の方が少ないでしょう。でも、和室にいるとホッとしませんか?そんな日本独自の良さと海外の良さの両方を兼ね備えているのがアジア雑貨であり、アジアインテリアだと思います。また、素材も日本人が昔から愛用している綿や麻、竹で出来ている事から日本人に好まれ日本の家にも馴染むのでしょう。アジア雑貨の不動の人気は、この辺にあると思います。

東京の雑貨屋

京都で人気のある雑貨屋さんをご紹介します。

・一澤帆布
とても有名な帆船など帆を材料としてカバンを作っているお店です。職人が手作りをしていて、生地も帆なのでとても丈夫で耐水性があり、長く愛用できるカバンです。

・石黒香舗
色とりどりのちりめんや西陣織を使った、愛らしい「にほひ袋」の専門店。ペンギン、ネコ、クマの匂い袋は、白檀、丁字など10種類の原料を調合して作った香を詰めたもの。お香を詰める生地の種類がとても豊富で、匂い袋の口を閉める紐も種類が豊富です。中学生の娘はとても喜び、宝物にしております。

・永楽屋細辻伊兵衛商店 寺町店
明治の初期から昭和初期にかけて作られた、手ぬぐいを復刻。町家手拭(1260円~)ほか、手ぬぐいを使ったポーチ、バッグなどの商品も多数そろう。手ぬぐいの専門店ということで、祇園をはじめ便利な場所に店舗があるので、お土産探しについついのぞいてしまうショップです。実際に昭和初期に考案されたという図柄の、時代を超えた大胆さやユーモアに感動さえ覚えます。

昭和レトロ雑貨

昭和時代に使われていたちょっとレトロな雑貨が今人気があるんですよ。

平成生まれの若者には新鮮に感じ、昭和時代を過ごした人には懐かしさを感じるのではないでしょうか?

ポップな柄や色鮮やかな花柄模様が主流で、シンプルなものが少なかったかと思います。
また、今はレトロな雑貨を取り扱ってるお店も多く、昭和時代にタイムスリップしたみたいで見ていても飽きません。

今は生産されていない商品が多いので稀少価値があるのではないでしょうか?

そんな雑貨達に逢えるお店を一部ご紹介いたします。

柊花堂(シュウカドウ)

レトロ家具・昔懐かしい黒電話・古時計・照明器具を取り扱っているお店です。

あらかると雑貨店

キッチン雑貨・インテリア雑貨・など小物を多く取り扱っているお店ですが、在庫数がわずかなのでお気に入りがあればすぐに購入することをお薦めいたします。

ポプロマ

お洋服・生活雑貨・キッチン雑貨・家具などを取り扱っているお店です。

この他にもたくさんのレトロ雑貨を取り扱っているお店があるので、あなたのお気に入りお店を見つけてみてはいかがでしょうか?

世界の雑貨

世界には、たくさんの雑貨があります。日本でもアジア雑貨やアジアインテリアが流行っているように日本でよく見かける雑貨もたくさんありますので、世界の雑貨をご紹介します。

・アジア雑貨
たくさんある雑貨やインテリアの中でもアジア系の家具ほど人気のあるものはありません。なぜこんなにアジアの家具や雑貨は人気があるのでしょうか?理由は、アジアのインテリアは日本人のスタイルに馴染むのです。文化や食生活、インテリアなど、日本でもかなり欧米化が進んできました。ほとんどの家では、フローリングが中心になり和室がある家の方が少ないでしょう。でも、和室にいるとホッとしませんか?そんな日本独自の良さと海外の良さの両方を兼ね備えているのがアジア雑貨であり、アジアインテリアだと思います。また、素材も日本人が昔から愛用している綿や麻、竹で出来ている事から日本人に好まれ日本の家にも馴染むのでしょう。アジア雑貨の不動の人気は、この辺にあると思います。